人気ブログランキング |

いわゆる国際結婚

こちらの病院で、私の診察から、日本人の妊婦さん何人もいます。
ひょっとして、台湾在住の日本人が増えてくる気がしますね。

ある日、お産の直後、病棟で木棉のような腹帯を着る日本人の妊婦さんが発見され、看護婦は携帯電話まで報告してくれました。初めて見たもの。関西地方の習慣だと言われましたが…

「そうか、お教わりなりました。」夫婦とも、日本人で海外赴任で来るから、文化の差であまり影響されないようですね。

しかし、国際結婚で来台するお嫁さんは、いろいろ慣れない所もあるのですね。

他の日本人妊婦さんが、姑と一緒に来診してきました。
姑:「{中国語}先生、この子は冷たいものばかりを飲んでいて、お腹の赤ちゃんに悪いですよ!先生は是非この子を説得してくれよ!」
妊婦:「{日本語}先生、これらのDHC 食品は、日本でかなり人気ですねぇ。本当に冷蔵庫に置いてから飲むのは駄目なの?」

「うん…」どう答えるかいいのかなぁ。「これはね、えーと、文化の差異ですね。昔の台湾では、衛生条件がまだまだでしたから、冷たいものは避ければ、避けたほうがいいと言う考え方は、年寄りの方に深く心に植えて有るから…」
妊婦:「でも、全て7-11で買ったものだから、不衛生かの恐れがいらないじゃないか。」

私:「そうですね。でも、台湾のお母さんの前に、矢張りいい加減にした方が賢いでしょう。」

黙って焦っている姑は終に口をあけた。
「(中国語)先生、この子はもう納得してくれたのか?」
私:「生の水道水は駄目ですが、普段の7-11で買った飲み物は大丈夫ですよ。買ってから、暫く室温の所に置いて冷たくなくなるでしょう。」

という会話でした。

この私の外来診察で観察した結果によって、円満な国際結婚の要件は:

A. 夫は台湾人、妻は日本人、台湾在住。
夫は結婚する前に、日本語は話せる筈です。そして、日本文化も多少認識すべきでしょう。
妻は、「わがまま」の社会に住むから、暢気に暮らしましょう。(何でも計画を立てから遣るのは真面目くさいよ!あまり几帳面だらけの事をしないように楽です。)

B. 夫は日本人、妻は台湾人、日本在住。
基本的は問題少ないです。
偶には、そんな妻は帰国して来診します。主人の陰口か文句を言ってから、「日本の生活は難しいから、台湾人の妻はちゃんと家計簿を習得、よく計画を立てて生活管理しよう」と…
日本の女性のように、強くならなければなりません。

追伸: A 項目の夫は日本から留学してきた台湾人で、台湾で専門職(医師、弁護士、教師)を遣るのはもっとも最高です。(一笑)

次のページにもご参考ください。
http://kurukurux.exblog.jp/2691197/
by drobs | 2006-07-27 08:19 | 診察