人気ブログランキング |

配線が足りない場合

部屋内で既に内装された配線が足らないと、どうしようか。新しく配線しても良いですが、線路を内蔵させるため、かなり工夫し、手数を掛かられ、難しさも出られるかもしれません。
パソコンのネットワークの回線を引き出してして詳しく研究すると、殆どカテゴリ5(100MHZ)のが使用され、一つの線路に8芯(4対)の銅芯が既存してあると分かります。
配線が足りない場合_d0077719_15174179.jpg
ネットワークとして実際に使用されると、4芯(2対、橙と緑の二色)しか用いないから、ほかの4芯(青と茶の二色、予備用)のを引き出して、別の用途(電話回線など)にも使えます。
配線が足りない場合_d0077719_1531688.jpg
プラグの近い所にを線路を切って、銅芯を剥き出します。
配線が足りない場合_d0077719_1533542.jpg
外来の電気干渉などの雑音を減少させるため、2本の絶縁された導線(同色1対)を捻り合わせ(twist-pair)に見えます。(橙と緑、2対)の捻り合わせ数が、(青と茶、2対)のと比べると、各インチで一つ上だから、普段のネットワークに、前者を導線にさせて定められました。
RJ-45(プラグ)はネットワーク用で、 RJ-11は電話回線用です。
配線が足りない場合_d0077719_1534541.jpg
後者(青と茶、2対)を電話回線として使うと、衰減に対抗性が普通の電話回線よりも優れているから、新たに電話の配線しなくても、このネットワークの余分を出して使えます。

RJ-45 を接続すると、(1,2,3,6)番の導体を使うから(白橙、橙、白緑、緑)の順序に繋がらせます。

何故、ネットワークのような捻り合わせ線を普段の電話回線として使わないですか?値段も高いのに、伝導に信号衰減が脆いネットワークに専用させなければならないからです。
by drobs | 2006-08-28 15:03 | 生活